科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

カテゴリ: 宇宙・天文学

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/15(火) 18:15:58.26 ID:???.net
生命のいない地球型惑星が存在する可能性を理論的に証明 | レスポンス
http://response.jp/article/2015/09/15/260050.html


no title

《画像 国立天文台》 水、酸化チタン、電子受容体、紫外線の4つがそろうと、非生物学的に酸素が発生する


国立天文台は、アストロバイオロジーセンターの成田憲保特任助教(自然科学研究機構・国立天文台併任)らの研究グループが、生命が必ずしもいなくても、酸素を豊富に保持する地球型惑星が
存在しうることを理論的に明らかにしたと発表した。

自然科学研究機構は、宇宙における生命研究に向けて、2015年4月にアストロバイオロジーセンターを立ち上げ、天文学とさまざまな科学との融合による「宇宙における生命」研究を推進している。
今回、成田特任助教と同機構分子科学研究所の正岡重行准教授らの共同研究グループが、生命がいなくても酸素を豊富に保持する地球型惑星の存在可能性を明らかにした。

研究チームは、太陽系の地球型惑星や衛星などにも豊富に存在している酸化チタンの光触媒反応によって、非生物的に酸素が発生することに着目した。その上で、地球に類似した環境の惑星を
仮定した場合、惑星表層の0.05%程度で酸化チタンの光触媒反応が継続すると、現在の地球と同程度の酸素大気が発生・維持されることが推定できた。

また、さまざまな質量・温度の恒星を主星として仮定し、その光強度による惑星での酸素発生可能量を見積もったところ、最もこのメカニズムの反応が起こりにくい低温度星の場合でも、惑星表層の
約3%で酸化チタンの光触媒反応が起こると、非生物的に酸素大気が発生・維持されることが推定された。

光合成を行う生物が存在しなくても、太陽系外の生命居住可能惑星に地球と同程度の酸素大気が発生してしまう可能性が十分にあることを明らかにした。

今回の研究成果は、これまで行われてこなかった天文学と分子科学の融合的研究としても注目されるもので、さまざまな学問分野の連携によるアストロバイオロジー研究の取り組みが重要であることを
示しているとしている。

今回の研究は、英科学誌サイエンティフィック・レポート(Nature系姉妹誌)の9月10日号に掲載された。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1442308558/
  続きを読む

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 16:49:21.10 ID:???.net
準惑星ケレスの“不思議な明るい点”、詳細が撮影される - ITmedia ニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1509/11/news076.html


no title

詳細に撮影された明るい点 Credit: NASA/JPL-Caltech/UCLA/MPS/DLR/IDA/PSI
no title

拡大した画像


 米航空宇宙局(NASA)はこのほど、準惑星ケレスに見つかった不思議な明るい点を探査機「ドーン」が詳細にとらえた写真を公開した。

 明るい点はケレスの「オッカトル」クレーターに見つかった。氷などが太陽光を反射しているといった可能性があるが、はっきりしていない。

 新たな写真はケレスから1470キロ離れたところから撮影された。光の点と周囲の明るさに差があり過ぎるため、別々に撮影した2枚の画像を合成している。解像度はフルサイズ画像で1ピクセル当たり140メートル。

 その正体はまだ不明だが、科学者は「この神秘的で魅惑的なものについて、科学的分析により間もなく地理学的・化学的に明らかにされるだろう」としている。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1442130561/
  続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ 2015/09/12(土) 21:41:29.46 ID:???.net
【モスクワ時事】ロシア宇宙庁によると、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在した宇宙飛行士3人を
乗せたロシア宇宙船ソユーズが12日、中央アジア・カザフスタン領内に帰還した。
3人のうちゲンナジー・パダルカ飛行士(ロシア)は宇宙滞在5回目で、
合計878日間の史上最長記録を達成した。
それまでの最長記録はセルゲイ・クリカリョフ氏(ロシア)が2005年に打ち立てた計803日間。
パダルカ飛行士は今年3月の出発前の記者会見で、1000日間超えにも意欲を示していた。
ISSには油井亀美也さんが滞在中で、9月2日に出発したソユーズの宇宙飛行士3人が加わり、
異例の9人に拡大。パダルカ飛行士らの帰還に伴い、通常の6人体制に戻った。
2~12日の往復計画では当初、世界的ソプラノ歌手サラ・ブライトマンさんの宇宙旅行が予定されていた。(2015/09/12-19:49)
http://www.jiji.com/jc/ci?g=int&k=2015091200178&pa=f
宇宙滞在期間の最長記録を持つロシア人のゲンナジー・パダルカ飛行士
=3月15日、カザフスタン・バイコヌール宇宙基地(AFP=時事)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1442061689/
  続きを読む

↑このページのトップヘ