科学ニュース速報

2ちゃんねるsc「科学ニュース板」のまとめブログです

カテゴリ: 宇宙・天文学

1: \(^o^)/ 2018/04/28(土) 15:36:27.50 ID:CAP_USER
■欧州宇宙機関(ESA)が公開したある彗星の画像を、Twitterユーザーが組み合わせて迫力の動画に仕立て話題になっている

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P)をご存知だろうか。

旧ソビエト連邦の天文学者であるクリム・チュリュモフ氏とスヴェトラナ・ゲラシメンコ氏が1969年に発見した周期彗星だ。
2つの彗星が衝突したまま結合したような奇妙な形状をなし、硫化水素やアンモニア、ホルムアルデヒドなどを含むガスが、強烈な臭いを放つという。

また、地球のものとは性質の異なる水の蒸気が噴き出していることも確認されているが、いまだ多くの謎に包まれているのが現状だ。

■ミステリアスな彗星で猛吹雪!?

そして、このほど、このミステリアスな彗星で猛吹雪の中にたたずんでいるかのような、ダイナミックで幻想的なGIF動画がツイッターに投稿され、話題となっている。

このGIF動画は、欧州宇宙機関(ESA)の公式ウェブサイトで2018年3月21日に公開された彗星67Pの画像アーカイブをもとに、Twitterユーザーの「landru79」さんが制作したもの。

ESAの上席顧問マーク・マコーリアン博士によると、この彗星の背景にある星は「おおいぬ座」で、GIF動画では、その散開星団である「NGC2362」や「NGC2354」のほか、その星系のひとつ「27CMa」も認められるという。

高エネルギー分子がカメラにぶつかって・・
また、このGIF動画に映る"雪"の正体は、高エネルギー分子がカメラにぶつかって表れる明るい線と塵、埃が混じり合ったものだとみられている。

これらの画像は、ESAによって2004年に打ち上げられ、2014年に彗星67Pの周回軌道に投入された彗星探査機「ロゼッタ」の画像システム「OSIRIS」が、2016年6月、彗星67Pから約10キロメートルの地点で撮影したものだ。

「ロゼッタ」は、周回軌道への潜入に成功した2014年8月から2016年9月に彗星67Pの表面と衝突してミッション終了となるまでの2年あまりにわたって、彗星67Pのガスや塵、プラズマの環境を調査したり、地表の詳細な様子を高解像度の画像で記録するなど、彗星67Pの観測に大いに貢献した。

「ロゼッタ」が彗星67Pで収集した情報は地球に回収されており、現在も、研究者によってデータの解析作業がすすめられている。今後、「ロゼッタ」が残した"遺産"が、彗星67Pのみならず、彗星研究そのものにどのような影響をもたらすのか、その動向もじっくりと見守りたい。

画像:水を含むガスや塵を噴き出すチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星
no title

動画:このGIF動画は、欧州宇宙機関(ESA)の公式ウェブサイトで2018年3月21日に公開された彗星67Pの画像アーカイブをもとに、Twitterユーザーの「landru79」さんが制作したもの。
Snowstorm on a comet https://youtu.be/zcXUawPhhJw


Rosetta: landing on a comet https://youtu.be/mggUVLFPkQg


動画:ロゼッタの航行履歴をアニメーション化した動画
Rosetta’s journey around the comet https://youtu.be/RnwwxZwUSCY


ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-10072.php

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1524897387/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/04/12(木) 09:51:55.95 ID:CAP_USER
◆【祝】『君の名は。』新海誠監督が小惑星の名前に命名される

アニメ映画『君の名は。』で大ヒットを飛ばした新海誠監督の名前がこのほど、小惑星帯に浮かぶ天体の名前として正式に登録された。

NASA 小惑星データベースより
https://ssd.jpl.nasa.gov/sbdb.cgi?sstr=55222

no title

no title

55222 Makotoshinkai(2001 RP63)
絶対等級:14.5mag
直径:7.250km
幾何アルベド:0.058

発見者:ロイ・A・タッカー氏
2001年9月12日 グッドリック・ピゴット観測所にて発見

小惑星「2001 RP63」の発見者である、ロイ・A・タッカーさんが今月1日にツイッターで発表。
「Makotoshinkai」はもちろんアニメ監督の新海誠さんの名前にちなんだもの。直径7kmほどで、火星と木星の間を回る小惑星だ。

NASAのデータベースにも正式に登録されており、概要には「新海誠(本名は新津誠)は日本の作家・映画監督。
代表作に『君の名は。』、『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』『星を追う子ども』がある」との情報が掲載された。

発見者のツイートより
https://twitter.com/gpobserver/status/980647624314245123
> 小惑星「2001 RP63」が「Makotoshinkai」と命名されたことを発表します

ユルクヤル、外国人から見た世界 2018年04月11日
http://yurukuyaru.com/archives/75706481.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1523494315/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/04/09(月) 21:43:28.72 ID:CAP_USER
やじうまPC Watch
1泊約8,500万円。世界初の「宇宙ホテル」が2021年に営業開始
佐藤 岳大2018年4月9日 14:55

Aurora Station
no title

米スタートアップのOrion Spanは5日(米国時間)、世界初の宇宙ホテルを発表した。

同社では、宇宙ステーションの設計/製造コストを抑える独自の技術により、「Aurora Station」を打ち上げ、2021年後半より“高級宇宙ホテル”として営業する。2022年までに観光客や宇宙飛行士の受け入れ、宇宙研究などの実施を目標としている。

宿泊には訓練が必要となるが、通常24カ月必要とされるところ、3カ月間で完了するプログラムを開発しているという。

Aurora Stationは、高度2,000km以下の地球低軌道(LEO)に投入される予定。LEOには国際宇宙ステーション(ISS)や気象観測衛星などが飛行しており、上空約400kmに位置するISSの場合、時速約28,000km(秒速約8km)で飛行し、約90分間で地球を一周している。

Bloomberg誌によれば、営業開始時の最大宿泊者数は6人で、12日間の宿泊で384回の日の出と日没が体験できるという。

宿泊費は、滞在期間12日間で1人あたり950万ドル(約10億円)となっており、1泊に換算すると約79万ドル(約8,500万円)。

打ち上げのためのSpaceXなどロケットの運用企業との提携はまだ行なわれていないが、Orion SpanのCEOであるFrank Bunger氏は、Bloomberg誌に対して、Aurora StationはArianespaceやSpaceX、United Launch Allianceなどの打ち上げ構成のほとんどに対応できていると語っている。

Aurora Station内のイメージ
no title

関連リンク
Orion Spanのホームページ(英文)
ブログ(英文)
Bloomberg誌の報道(英文)

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1116017.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1523277808/

続きを読む

↑このページのトップヘ