科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

カテゴリ: 科学技術

1: 名無しさん 2020/09/15(火) 12:38:48.44 ID:CAP_USER
木材をゴムのように弾力性がある素材に変える方法が開発される

木材は建材や家具などに広く用いられており、比較的軽くて断熱性も高いという特性を持っています。
近年では木材を粉砕・圧縮して鋼以上の強度にする方法も開発されていますが、メリーランド大学カレッジパーク校の研究チームは新たに「木材をゴムのように弾力性がある素材に変える方法」を開発しました。

Highly Elastic Hydrated Cellulosic Materials with Durable Compressibility and Tunable Conductivity | ACS Nano
https://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acsnano.0c04298

Chemistry in Pictures: Elastic wood
https://cen.acs.org/materials/biomaterials/Chemistry-Pictures-Elastic-wood/98/web/2020/09

研究チームが開発した木材を基にした素材がどれほどの弾力性を持っているのかは、以下のGIF画像を見るとよくわかります。

(以下略、続きと動画はソースでご確認下さい)

Gigazine 2020年09月15日 12時30分
https://gigazine.net/news/20200915-elastic-wood-rubber-like-material/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1600141128/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/09/10(木) 15:19:18.26 ID:CAP_USER
放射性廃棄物でつくる人工ダイヤモンドが、“数千年もつ電池”になる:革新的な技術への高まる期待と現実

小型のドローンが2018年の夏、ストロンボリ島の火山の頂上付近に小さな“荷物”を落とした。
シチリア島の北の沖合にあるこの島は火山島として知られており、過去100年にわたり噴火を繰り返している。

地質学者にとっては魅力的な研究対象だが、人間が火口付近でデータを収集することは危険だ。
このためブリストル大学の研究チームは、火山活動を見守るためにセンサーを搭載した自動計測装置を使うことにした。
この“ロボット火山学者”をドローンで山頂まで運び、次の噴火で破壊されるまで地震などを観測しようというのだ。

センサーを備えた装置はソフトボールほどの大きさで、チョコレートのかけら程度のサイズの原子力電池で動作する。
「ドラゴンエッグ」と呼ばれるこの装置を使えば、噴火口のような危険な場所でも自然現象を観察できるわけだ。

■数千年もつダイヤモンド電池
ブリストル大学教授で材料工学の専門家であるトム・スコットにとって、ストロンボリの火山は最初の挑戦となる。

スコットは数年前から、仲間の研究者たちとドラゴンエッグの原子力電池の開発に取り組んできた。
化学反応によって電気をつくる化学電池とは異なり、スコットたちの電池は放射能を帯びた人工ダイヤモンドから放出される高速の電子を電力に変換する。
このため電池の寿命は数千年で、充電も交換も必要ない。

スコットとブリストル大学の化学者ニール・フォックスは20年8月、ダイヤモンド電池の商用化に向けてArkenlightという会社を立ち上げた。
爪くらいの大きさしかない電池はまだ試作段階だが、既存の原子力電池と比べて効率がよく、電力密度も高い。

スコットたちは電池の設計が決まり次第、量産に向けた生産設備を建設する予定だ。そして24年の市販化を目指している。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

WIRED.jp 9/10(木) 12:14
https://news.yahoo.co.jp/articles/5f0af33d4a22dc2d9b484f2d55e2559358b27122

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1599718758/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/09/03(木) 11:46:28.90 ID:CAP_USER
電脳化することで「デジタル上で人間は生き続けられる」と主張するマインドエミュレーション財団が登場

「人間の肉体は死んでしまうが、心をデジタルでエミュレートすれば人は生き続けられる」と主張し研究資金の寄付を募る財団のウェブサイトが発見され、ソーシャルニュースサイトのHacker Newsなどで注目を集めています。

Mind Emulation Foundation
https://mindemulation.org/

財団のウェブサイトをのぞいてみると、「Mission(使命)」の欄には「あなたを作っているのはあなたの心です。マインドエミュレーションによって、あなたの心は肉体が死んだ後も生き続けることができます。エミュレーションの実現を加速させるために、科学研究への資金提供および研究を行うことが我々の使命です」と書かれています。

マインドエミュレーション財団によると、人間の心は創発的な特性を持ったコネクトームの一部であるとのこと。
コネクトームは神経回路全体を表す生物学的なものであるため「人間のコネクトーム全体をデジタル上でエミュレートできたなら、人間の心もエミュレートできるだろう」というのがマインドエミュレーション財団の主張です。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2020年09月03日 08時00分
https://gigazine.net/news/20200903-mindemulation/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1599101188/

続きを読む

↑このページのトップヘ