科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

カテゴリ: 科学技術

1: \(^o^)/ 2020/01/18(土) 08:50:56.31 ID:CAP_USER
2020年1月17日 16:16 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ]

【1月17日 AFP】「目に見えないコンピューター利用」の実現を目指す米国の新興企業「モジョ・ビジョン(Mojo Vision)」が16日、装着者の視界に情報を表示するスマートコンタクトレンズを公開した。約10年にわたり極秘で開発を進めてきたもので、AR(拡張現実)ディスプレーを内臓し、視点を動かすことで操作できる。

モジョ・ビジョンのドリュー・パーキンズ(Drew Perkins)最高経営責任者(CEO)は、「欲しい時に欲しい情報を入手でき、不要な時にはデータ攻めに遭ったりデータに気を取られたりすることのない、目に見えないコンピューター利用の構想をわが社は抱いている」と述べた。

AFP記者の前で行われたデモンストレーションでは、網膜にマイクロLEDディスプレーを映し出すことで、バーチャルなテレプロンプターやナビゲーション指示など、さまざまな情報を視界に表示する仕組みが説明された。レンズ装着者は、視点を合わせることで視界に表示されたアイコンを「クリック」し、たとえば音楽プレーヤーなどを起動できる。視点をそらせば、スイッチは切れる。

処方箋に合わせてレンズに度を入れることも可能だという。

モジョ・ビジョンによると、商用化のめどはまだ立っていないが、米食品医薬品局(FDA)からは「画期的な」デバイスとして、黄斑変性症や網膜色素変性症などの患者を支援する医療機器として試験を行う承認を得た。このハードコンタクトレンズは、拡張画像オーバーレイ技術を用いて視力を増強することで、弱視など視覚障害者の移動や読書などを支援できる可能性もあるという。

一方、かさばるヘッドセットを着用しなくてもリアルタイムで視野に表示させた情報にアクセスできるため、ビジネス用途にも活用できそうだ。

モジョ・ビジョンは既に1億ドル(約110億円)の資金を調達した。同社幹部はグーグル(Google)やアップル(Apple)などの米シリコンバレー(Silicon Valley)のIT大手出身で、スマートコンタクトレンズのプロジェクトには眼鏡士や眼科医も参加している。
https://www.afpbb.com/articles/-/3263953

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1579305056/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2020/01/17(金) 03:24:18.61 ID:4NmmKk7D9
原子核同士を人工的に合体させて膨大なエネルギーを生み出す核融合発電に向け、フランスで建設が進む国際熱核融合実験炉「ITER(イーター)」で、世界初の主要部品となる日本製の巨大な超電導コイルが30日に完成する。計画実現への大きな一歩で、量子科学技術研究開発機構と三菱重工業が15日、明らかにした。

イーター計画は日米欧などが国際協力で進めている巨大プロジェクト。総事業費は約2兆4400億円で、うち日本は約2900億円を負担。2025年にも実験炉の運転を開始し、約17万キロワットの発電量に相当する熱を取り出すことを目指している。

完成する超電導コイルは三菱重工が中心となって製造し、2月に船でフランスへ運ばれる。アルファベットの「D」に似た形で、高さ16・5メートル、横幅9メートル、厚さ1メートル、重さ310トン。全長7キロに及ぶ電線を巻き付け、周囲はステンレスで覆われている。

超電導コイルは、日本と欧州が分担して製造し、計18基を環状に並べて核融合反応に必要な約2億度のプラズマ状態を生み出す。

核融合は太陽がエネルギーを生み出すのと同じ仕組みで、例えば計1グラムの重水素と三重水素を核融合させると石油約8トン分に相当するエネルギーが発生。二酸化炭素や高レベル放射性廃棄物は生じず、究極のエネルギー源ともいわれ、実用化が期待されている。

no title

https://www.sankei.com/life/news/200115/lif2001150030-n1.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579199058/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2020/01/11(土) 20:41:50.82 ID:CCApx8HW9
ドローンで測量、1カ月の作業が3日で 山の斜面を撮影分析

兵庫県佐用町豊福の小学校跡に開校した「JUAVAC(ジュアバック)ドローンエキスパートアカデミー兵庫校」では、ドローン操縦士養成のほかにも、行政からの委託でさまざまな事業を展開している。

代表的な事業は、山間部での土木工事に合わせた土地の測量。ドローンであらゆる角度から山の斜面を撮影、分析することで、工事の進め方を詳細に計画できる。従来なら1カ月ほどかかる作業が3日で終わるといい、高齢化の進む西播磨では人手不足解消につながっている。

同校の前田稔朗校長(73)によると、生徒には周辺地域の土木・建設業者も多く、「既に現場では欠かせない存在になっており、技術を習得しようと考える企業が多い」と話す。

開校から2年で同校の卒業生は150人に上り、現在も入校希望者は県内外から途切れることがない。前田校長は「今後ドローンは、幅広い分野の技術を支える存在になる。人口減少の進む地域では、その可能性が新たな希望となるはず」と力を込めた。(勝浦美香)

田畑への薬剤散布などを想定して開発された農業用ドローン=姫路市夢前町宮置(撮影・小林良多)
no title

※ ソースに動画あります
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202001/0013025689.shtml
2020/1/11 16:00神戸新聞NEXT

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1578742910/

続きを読む

↑このページのトップヘ