科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

カテゴリ: その他

1: \(^o^)/ 2020/01/21(火) 02:58:23.53 ID:eJSZlWQt9
■「証拠には何一つ欠けているものがない」とルソーも指摘、説明は?

アイルランド人作家ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』が1897年に刊行されたとき、元の原稿にあった序文はカットされていた。

世界一有名になった吸血鬼“ドラキュラ伯爵”の生みの親は、自分は純粋なフィクションを書いたのではない、とその序文に記していた。「ここに描かれた出来事が、一見どれほど信じがたく、不可解に思えようとも、実際に起きたのだということは少しも疑いがない。私は強くそう信じている。また、それ以上に確信するのは、こうしたことは、常にある程度不可解なままに違いないという点だ」

死にきれなかった亡者が歩き回り、生きている者を襲う。ドラキュラ伯爵は、東欧で根強く信じられていた伝承の文学的な集大成だった。

その作者であるストーカーをはじめ、19世紀の作家たちに絶大な影響を与えたものの1つが、18世紀のベネディクト会修道士にして著名な聖書学者ドン・オーギュスタン・カルメの著作だ。2巻からなるカルメの著書が出版されたのは1746年のこと。『天使、悪魔、霊の出現、およびハンガリー、ボヘミア、モラビア、シレジアの亡霊・吸血鬼についての論考』と題された超自然現象の調査記録は、貴重な吸血鬼伝承の宝庫だった。

カルメは、17世紀後半から18世紀初めに東欧で起きた吸血鬼事件の報告を慎重にかき集め、検討した。これらの報告は、信頼できる情報源に基づいているにもかかわらず、詳しい記述の内容はおよそ現実離れしており、その隔たりの謎を解明しようと、やがて哲学者や医師たちの間に激しい議論を巻き起こす。

■カルメが伝えた有名なアルノルト・パウルの事例

超自然的な力を学問的に研究すれば、批判と嘲笑を呼ぶかもしれないと、カルメも自ら著書の序文で認めている。一方で、信頼できる証人からの証言は、全くの妄想や作り話として片づけるには、あまりにも詳しすぎるし、一貫性もあると主張した。様々な吸血鬼の報告が正当なものかどうかは、注意深く検討するに値するというのが彼の立場だった。

死者が戻ってきたという目撃談を、カルメは数多く記録している。いわく、「地上によみがえり、話をし、歩き、村に出没し、人間や動物を襲い、近親者の血を吸い、健康を損なわせ、最後には死に至らしめる」という。こうした亡者は「吸血鬼(バンパイア)という名で呼ばれる」とカルメは書いた。

カルメが収集した中で特に有名な事例が、オーストリア軍の外科医、ヨハン・フリュッキンガーからの情報だ。この医師は、セルビアの村出身の兵士、アルノルト・パウルの話を語った。

吸血鬼に襲われたというパウルは、吸血鬼にならないように、吸血鬼の墓の泥を食べ、その血を自分の体に塗りつけた。パウルは農民としての普段の生活に戻ったが、干し草を運ぶ荷馬車の事故で亡くなってしまう。

パウルの死から約1カ月後、彼がよみがえって何人かの人を殺したと村人たちが言い始めた。動物や家畜も襲われ、血を吸われた。

吸血鬼の仕業が疑われ、村人たちはパウルの遺体を掘り返した。すると、なきがらはきれいなままなうえ、爪まで伸びており、ひつぎの内側には真っ赤な鮮血が付いていた。

これを見た村人たちは、「心臓にくいを打ち込んだ。パウルは、はっきりと聞こえるほどのうめき声を上げ、おびただしく出血した」という。パウルに殺された村人も吸血鬼に変身したとみなされ、彼らを永久に「殺す」ために墓が暴かれ、同様に遺体にくいが打ち込まれた。

続きはソースで

no title

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/103100630/

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579543103/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2020/01/20(月) 21:24:27.76 ID:FtxAaGf99
no title

現代ではインターネット抜きの大学生活は学問研究的な意味でもプライベートな意味でも考えられなくなっています。ですが、孤独とネット依存症の大学生ほど本分であるはずの学業に支障をきたしていることが明らかにされています。詳細は以下から。

イギリスのスウォンジー大学とイタリアのミラノ大学は健康関連の学部の285人の大学生を対象としてデジタルテクノロジーの利用と学習スキル、意欲、不安、孤独に関する共同研究を行いました。
その結果によると、ネット依存症であればあるほど学習の生産性を保持することが難しく、次の試験に不安を感じていることが判明。またネット依存症が孤独感と深い関連にあり、それがより一層勉学を難しいものにしています。

no title

なお調査では25%の学生が毎日4時間以上ネットを利用しており、それ以外は1時間から3時間の利用でした。またネット利用の主な目的は4割がSNSで3割が情報検索でした。
ミラノ大学のTruzoli教授は「ネット依存症は衝動の制御、計画性、報酬への感度といった能力を悪化させることが知られており、こうした能力の欠如は勉学を困難にする」と指摘。
また研究ではネット依存症と孤独感の増加との関連も発見されています。社会的な関係の希薄さがネット依存症を深め、それがさらに孤独感を深めるという悪循環が生じており、大学のような学問研究の場での学習動機や意欲にも影響を与えているとのこと。

この研究は大学生を対象としていますが、社会人に置き換えてみても十分になり立つもの。スマホなどでネットに常時接続しているのが当たり前の現代社会では、この問題は誰にとっても他人事ではありません。
最近ネットをやり過ぎだなと感じている人、自分に重ね合わせて思い当たるところもあるのではないでしょうか。

2020年1月20日 12:05
https://www.excite.co.jp/news/article/Buzzap_60976/

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579523067/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2020/01/20(月) 11:55:31.74 ID:KAx1VXuj9
富士山噴火をテーマとした講演会が19日、横浜市中区の神奈川県立歴史博物館であった。県温泉地学研究所の萬年一剛主任研究員が江戸時代の大規模噴火に関する最新の知見を報告。再び同じような事態に見舞われた場合、「火山灰の影響が広範囲で長期間続く。劣悪な生活環境にどれだけ耐えられるかだ」と指摘した。

1707(宝永4)年に16日間続いた富士山の宝永噴火では、偏西風に流された大量の火山灰が江戸や横浜にも堆積。以来、沈黙を続ける富士山が同様の噴火を起こすと、首都圏の交通や通信、ライフライン、物流などに甚大な影響が出ると懸念されている。

その対策を探る国の作業部会に関わる萬年さんは、「富士山の噴火は過去3200年間に94回確認されているが、大噴火はそのうち7回」と説明。これに基づけば「宝永のような噴火の確率はかなり低い」としたが、発生した場合は「火山灰を除去できるかどうか。行政を当てにせず、自分たちで行わなければならない」と訴えた。

宝永噴火後、河川の氾濫や土石流を引き起こす火山灰の影響が200年に及んだ地域があり、人が住まなくなって集落が荒廃する「亡所」も相次いだという。一方、村々では耕作を続けるため、地表を覆う火山灰と下層の土を入れ替える「天地返し」が行われた。

萬年さんはこうした事例を引き合いに「江戸時代に学ぶことはとても重要」と述べ、現代に置き換えた課題として広域避難や食料の備蓄を挙げた。

講演会は、同館で開催中の「古文書が語る富士山宝永噴火」展の一環。約70人が聴講した。

1/20(月) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-00000006-kana-l14

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579488931/

続きを読む

↑このページのトップヘ