科学ニュース速報

2ちゃんねるsc「科学ニュース板」のまとめブログです

カテゴリ: その他

1: \(^o^)/ 2018/04/01(日) 09:27:44.42 ID:CAP_USER
アフリカ大陸を南北に縦断する「グレート・リフト・バレー」と呼ばれる「大地溝帯」周辺で最近、巨大な地割れが発生し、道路が寸断される被害が相次いでいる。
地元の地質学者は、「プレートの動きと周辺の火山活動が関係している可能性がある」と指摘している。

大地溝帯は、アフリカとアラビア半島を分ける紅海からエチオピアの高原地帯を南北に走り、タンザニアへ至る総延長7000キロに及ぶ巨大な谷で、地球内部のマントルからのマグマ上昇によって地殻が押し上げられ、キリマンジャロやケニア山などが形成されたと考えられている。

マグマの上昇流は「ホット(マントル)・プルーム」などと呼ばれており、地殻に当たって東西に流れることで、アフリカ大陸を東西にひっぱる力につながっていると考えられている。

ケニアの地元メディア『ザ・スター』によると今月14日、首都ナイロビの高速道路が突然地盤沈下したのに続いて、16日にはリフトバレー州マイ・マヒウ(Maai Mahiu)で地割れが発生して、道路が幅5メートル以上寸断された。

ナイロビで起きた高速道路の地盤沈下については、ケニア西部で降った大雨の影響で、地盤が緩んだのが原因だと考えられていたが、地元の地質学者デヴィッド・アデデ氏は豪雨の影響を否定し、大地溝帯周辺に存在するロンゴノット山(標高2776メートル)やススワ山(2356メートル)などの火山活動が活発化している影響だと指摘している。

ナイロビの北西50〜60キロに位置するこれらの火山は、1世紀以上噴火の記録はないが、過去の爆発でできたカルデラを持っている。
また「マイ・マヒウ」はケニア・キクユ族の言葉で「熱湯」を意味する言葉で、高い温度の地熱が観測されているエリアだ。

アデデ氏は「大地溝帯の東に位置するソマリアプレートは、西側のヌビアプレートから年間2.5センチ程度のペースで離れていっている。
今回の地割れは、プレートの動きや火山活動の活発化と関係している可能性がある」と指摘し、早急に被害規模と地質学的調査を進める必要性を訴えている。

関連ソース画像
no title

no title

no title

ハザードラボ
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24142.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1522542464/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/03/24(土) 10:19:21.05 ID:CAP_USER
乱獲などが続けば、今世紀半ばにアジア・太平洋地域の沿岸や海で漁獲可能な魚がいなくなるなどとする報告書を、国連の科学者組織「生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットホーム」(IPBES)が23日、公表した。
世界の4地域で、生物多様性やそのもたらす恵みの現状について、初の評価報告書をとりまとめ、コロンビアで開かれた総会で承認された。

アジア・太平洋地域の報告書では、世界の養殖の9割が集中し、東南アジアでは2000年以降、漁獲量が大幅に減っているなどと指摘。
環境負荷の高い養殖や乱獲、収奪的な漁業が、沿岸や海洋の生態系の脅威になっているとし、現状のような水産業のあり方では、48年までに漁獲可能な魚はいなくなると警告した。

地球温暖化の影響を抑えても、50年までにサンゴの90%が傷み、適切に管理されたサンゴ礁も年1~2%ずつ失われると予測。プラスチックごみを運ぶ量が多い川は、世界の上位10本中8本がアジアにあり、これらの地域が世界の海ごみの88~95%を生み出しているとした。

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL3R4G2PL3RULBJ00F.html

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL3R4G2PL3RULBJ00F.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1521854361/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/03/14(水) 17:36:46.40 ID:CAP_USER
2018年3月4日にロシアの元諜報員でイギリスに亡命中のセルゲイ・スクリバリ氏とその娘が暗殺されそうになり、記事作成時点でも重体が続いています。
イギリスのテリーザ・メイ首相は、暗殺未遂に使われたのが神経剤「Novichok(ノビチョク)」であるとを明らかにし、ロシア当局による暗殺未遂である可能性が極めて高いという声明を発表しました。
ソ連が開発し、今なお暗殺ツールとして使われるノビチョクについて、BBCやSky Newsがまとめています。

Russian spy: What are Novichok agents and what do they do? - BBC News
http://www.bbc.com/news/world-europe-43377698

Novichok nerve agent: What exactly is it?
https://news.sky.com/story/salisbury-poison-was-russian-made-novichok-pm-confirms-11287491

◆スクリバリ氏暗殺未遂事件

スクリバリ氏はロシアの元情報将校で、イギリス情報部MI6に機密情報を漏洩した罪で2004年にロシアで有罪となりましたが、2010年にスパイ交換によって釈放され、その後イギリスで暮らしていました。

スクリバリ氏と娘のユリアさんは、2018年3月4日にイギリス・ソールズベリーにあるショッピングセンター外のベンチで倒れているところを、ニック・ベイリー刑事巡査部長によって発見されました。病院に運ばれた二人は重体の状態が続いており、ベイリー刑事巡査部長も重体で入院中です。

対テロ専門警察官やイギリス陸軍を導入して捜査にあたっていたイギリス政府は、事件から1週間以上たった2018年3月11日に、「二人が事件発生前に訪れたレストランから微量の神経剤が発見された」と発表し、同レストランを利用した約500人に対して衣類や所持品を洗うように呼びかけました。しかし、発表まで時間がかかったことや神経剤が何かを当局が明かさなかったため、不安の声が広がっていました。

事件のあらましについては以下の記事を見ればよくわかります。

【元ロシア・スパイ】 パブやレストランの客500人に所持品洗うよう英政府指示 - BBCニュース
http://www.bbc.com/japanese/43342769

そして、2018年3月12日にメイ首相が今回の二重スパイ暗殺未遂事件で使われたのが、ノビチョクだったことと、ロシア政府が関与した疑いが極めて濃いことを明らかにしました。

◆ノビチョクとは?

・ソ連による開発
ノビチョクは1970年代にソ連が開発した一連の神経剤で、第4世代の化学兵器として知られており、開発時のコードネームは「Foliant」だったとのこと。Novichokとはロシア語で「新人」を意味します。
ノビチョク派生の化学物質は100種類以上が開発されたとみられています。

・毒性
「Novichok A-230」として知られる化学物質は、VXガスよりも毒性が5~8倍も高いことが報告されています。
リーディング大学の薬学者グレイ・ステファン教授は、「ノビチョクはサリンやVXよりも危険かつ洗練された物質で、使用したことを同定するのが極めて難しい」と述べています。A-230はいくつかの種類が製造されており、そのうちの1つは化学兵器としてロシア軍による使用が確認されています。

・利用形態
ノビチョクには液体のものもあれば、固体のものもあるとのこと。
そして、超微粒子として飛散させることさえ可能です。
また、それぞれ毒性が低い化学物質として保管しておいて、攻撃時に混合させて活性有毒物質を生成する「バイナリー兵器」として取り扱えるという報告もあるそうです。生化学者のアンディ・オッペンハイマー氏は、「ノビチョクを合成する化学物質が、非常に少量かつ完全に遮蔽されていれば、検出を回避できる」と述べ、空港からイギリスへ持ち込まれた可能性を指摘しています。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180313-novichok/

続く)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1521016606/

続きを読む

↑このページのトップヘ